すぐにお金が必要というケースでは即日キャッシングに対応している業者を選ばなければなりません。 昔は実際に融資が受けられるまでに数日間かかってしまうのが一般的ではありましたが、現在は非常に速くなっています。

これは、昔は今に比べると即日融資に関する様々な制限があったことが関係しているでしょう。 それが今では最短数十分という速さで融資が受けられるのです。 即日融資に対応している金融機関も増えてきました。

消費者金融に比べると銀行のカードローンは審査に時間がかかると思われがちですが、銀行の中にも数十分で審査が済むところもあります。

注意しなければならないこととして、業者によって審査にかかる最短時間が違うということ。 これは業者のホームページなどにも掲載されているので気になる業者をチェックしてみると良いですね。

早いところだと20分、遅いところでも40分ほどで審査が可能です。

即日融資を依頼しようと思っているのであれば、申し込み方法についても考えなければなりません。 様々な申し込み方法を用意している業者がほとんどですが、その中でも郵送での申し込みは即日審査に対応していないので注意しましょう。

オンラインでの申し込みや、電話・ファクスを使った申し込みであれば即日融資に対応している業者が多いです。
ようこそ群馬県信用組合ホームページへ

ただ、申し込み時間によっては翌日の扱いになってしまうこともあるので気をつけなければなりません。 申し込み時間が遅くなればなるほど即日融資が難しくなってしまいます。

どうしても申し込みが遅くなってしまうという場合は、自動契約機を使った方法についても検討してみると良いでしょう。 オンラインでの申し込みは時間が設定されていることが多いのですが、自動契約機であれば夕方以降の申し込みでも即日融資が受けられることが多いです。

申し込みを済ませたら審査が終わるのを待つだけなのですが、職場への在籍確認が取れないと審査が長引いてしまうこともあります。

審査の結果は電話・メールで伝えられるので、電話が受けられる状態にしておいた方が良いでしょう。

金利以外にチェックしておきたいポイントは?

キャッシング業者を選ぶ際に金利を重視している方も多いです。 金利が低い業者の方が総合的な返済金額も少なくなるため、これは非常に重要なチェックポイントだといえるでしょう。

ですが、キャッシング業者を選ぶ際に注目しなければならないのは金利のみではありません。

例えば、返済のしやすさについてもチェックしておいた方が良いでしょう。 業者によっては非常に限られた方法でしか返済ができないところもあります。

特に中小の業者の場合は大手に比べて返済方法が限られていることも多いため、必ず事前に確認しておいた方が良いですね。 他の業者に比べて金利が安いとしても、返済できる場所が限られていてそこまでは車で何十分もかかるという状況では交通費の方が高くついてしまうかもしれません。

同時に返済方法もチェックしておきましょう。 消費者金融業者によっては口座振替が利用できる場合もありますが、自分でATMなどから振り込みを行わなければならない場合、忘れないように注意する必要があります。

過去に借り入れを行っていたものの、どうしても返済日を忘れてしまうという方は口座振替が利用できるところを選んだ方が安全です。

次に、提携ATMがどれくらいあるかも確認しておきましょう。 こちらも大手の消費者金融であれば様々なATMと提携しているのですが、中小の業者は限られたATMしか利用できないこともあります。

提携ATMが少ないということは借りにくい・返済しにくいということにもつながるので非常に重要なポイントです。

他には、即時融資を検討している方は即日融資に対応している業者を選択する必要があります。 他社に比べて審査時間が長いようなところは即日融資が受けられなくなってしまう可能性もあるため、注意しなければなりません。

また、キャッシングを利用しようかどうか悩んでいるものの、あとほんの数日で給料日…という方もいるでしょう。 こういった方は数日間の無利息キャンペーンが用意されているところを選ぶと良いですね。 キャンペーンを利用して無利息後に完済すれば損をすることなく給料日までしのげます。

キャッシング、審査に関する基本情報

昔はカードローンやキャッシングといえば使い道を限定した利用目的別のローンが一般的でした。 それが今ではフリーローンなども誕生し、費用目的を限定しない借り入れができるようになっています。

また、インターネットを利用して申し込みや審査の依頼ができるようになったため、本人確認や審査はとてもスピーディーに行える時代です。

一度も借り入れをしたことがないという方もいますが、初めてキャッシングの審査に申し込む方は、受かるかどうかドキドキしますよね。 いくらお金に困ってキャッシングの申し込みをしたといっても、審査に受からなければ融資を受けることができません。

業者によって融資可能の条件は違ってきますが、多くの業者では20歳以上で定期的な収入がある方ならばパートやアルバイトでも申し込みが可能です。

ただ、今まで一度もキャッシングを利用したことがないから審査に通るだろうと考えるのは間違いです。 というのも、他社からの借り入れ経験がないということは、返済の経験もないということですよね。 つまり、その人にお金を貸した時に本当に返済してくれるのか実績がないということにも繋がってしまうのです。

それよりも過去に借り入れを行っていてしっかり返済実績を作っている方の方が業者としては安心してお金を貸すことができます。

そのため、「自分は借り入れ経験がないから絶対に審査に通るだろう」と考えて最初から多額の借り入れを希望してしまうと審査に落ちる可能性が高くなるわけです。

キャッシングの審査ではその人がいかに信頼できる人物かどうかがチェックされています。 申し込み書類に不備があったり、小さなことでも嘘ついてしまうと信用が著しく低下してしまうため、そういったことがないように気をつけましょう。

貸金業者は信用情報というところで様々な業者と情報を共有しているため、嘘をついたとしてもすぐにバレてしまいます。

年収が少なかったり勤続年数が短いなど自分で何らかのマイナスポイントを感じているのであれば、まずは小額の融資に申し込み、返済実績を作りましょう。

融資について知っておきたいこと

融資の申し込みをして審査に落ちてしまうとかなりショックを受けてしまいますが、実は審査に落ちてしまう方は少なくないのです。 一部の噂では成約率は60%とさえ言われています。 つまり、申し込んだ方の40%は審査に落ちてしまうということ。 これは少ない数字とは言えないでしょう。

なぜ自分が審査に落ちてしまったのか疑問に感じるかと思いますが、業者側に確認をしても詳細について教えてもらえません。 ですが、確実に融資をお断りされる方もいるので、そういった方の特徴についてご紹介しましょう。 まず、収入のない方。 働いていない方や専業主婦で自身に収入がない方は融資をお断りされてしまいます。

専業主婦だったとしても旦那さんが働いていれば申し込み可能なところもありますが、ほとんどの業者では断られると思っておいた方が良いでしょう。

それから、ブラックリストと呼ばれるものに名前が掲載されている人も融資不可能です。 例えば、過去に借り入れを踏み倒した経験があったり、他社からの借り入れに対する返済が遅れている方、連絡が取れない方などはブラック扱いとなり、融資を断られてしまいます。

ただ、各業者によって審査の基準が違うため、A社では審査に落ちてしまったのにB社では通ったというケースも珍しくありません。 もし、年収や借り入れなど審査に関する項目に何の問題もないはずなのになぜか審査に通らなかったと思っているのであれば、属性のモデルと像が関係している可能性もあります。

これは、その業者が実際に融資を行っている方の中から似たような条件の方をピックアップし、その人の返済状況をチェックして照らし合わせることです。 そこでピックアップされた方の返済状況に問題があった場合、似たような環境にある申込書も返済が滞ってしまうのではないかと判断されてしまいます。

とても理不尽に感じてしまうかもしれませんが、キャッシング業者は貸し倒れなどリスクを減らすためにこのように様々な方法で審査を行っています。

ページの先頭へ